2013年6月17日月曜日

『サイボーグ009 USAエディション』発売記念プレゼント

※壁紙プレゼントは2013年9月29日(日)で終了いたしました。

こんにちは。

今回はいよいよ発売まで約1か月となった、『サイボーグ009 USAエディション』についてご紹介させていただきます!

以前のブログに書いたように、原作は日本を代表する巨匠マンガ家、石森章太郎先生。
『仮面ライダー』、『秘密戦隊ゴレンジャー』、『幻魔大戦』、『がんばれロボコン』……。生み出された作品のごくごく一部を挙げていくだけでも、その凄さは伝わってきます。そして、これら数多くの名作・傑作を著した石森先生にとっても、『サイボーグ009』は長年描き続けてきたライフワーク的な作品であったといいます。

連載がスタートしたのは、1964年7月19日。
謎の組織ブラックゴースト(黒い幽霊団)によって新時代の戦争兵器として改造された、9人のサイボーグ戦士(ゼロゼロナンバー)達の物語は、エンターテインメントとしての高い完成度と、作品の深くに込められたメッセージ性によって絶賛を呼びました。

その作品の魅力は誕生から約半世紀が過ぎた今でもまったく色褪せることはありません。1998年に石森先生が逝去された後にも、昨年公開された映画『009 RE:CYBORG』(現在、DVD、Blu-ray発売中)や、クラブサンデー(http://club.shogakukan.co.jp/book/detail-book/book_group_id/16/)でWEB連載中の『サイボーグ009 完結編 conclusion GOD'S WAR』(現在、コミックス1-2巻発売中)のように新たな『サイボーグ009』が生み出されているのです。アメリカン・コミックス版として生み出された本作も、その新しい『サイボーグ009』の一つといえます。

なぜ、『サイボーグ009』はこれほどまでに支持される作品となりえたのか?
それは、やはり9人のサイボーグ戦士達のキャラクターが、何より魅力的だからだろうと私は思います。そこで、本作『サイボーグ009 USAエディション』の表記を元に、彼らのことを簡単に紹介いたします。
【001/ゼロゼロワン】
イワン・ウイスキー
ロシア出身。
人間の脳の利用されていない下層域を活用して、サイコキネシス、テレパシー、ESPをはじめとする数々の超能力を操ることができる。
 ↓
超能力を駆使する赤ちゃん。原作では、一か月のうち15日間起きて、15日間眠り続けるというサイクルで活動しています。アメコミ版のイワンが乗っている乗り物はいったい!?

【002/ゼロゼロツー】
ジェット・リンク
ニューヨーク出身。
内蔵型の高速ジェット推進システムを装備していて、最高速度マッハ5で飛行することができる。
 ↓
両脚に内蔵されたシステムを使って猛スピードで飛行する、熱い男です。アメコミ版でも大活躍!

【003/ゼロゼロスリー】
フランソワーズ・アルヌール
フランス出身。
高度に強化された鋭敏な感覚を備えている。信じられないほど遠方の物や音を見聞きすることができ、また音波を増幅して発射する能力に長けている。
  ↓
原作では、001を除けば生身に最も近いサイボーグです。仲間たちの“目”と“耳”の役目を果たしますが、戦いを好まない心優しい女性です。アメコミ版ではバリバリの武闘派……になるわけはありませんね(笑)。やはり、優しい心を持った素敵な女性ですよ。 

【004/ゼロゼロフォー】
アルベルト・ハインリヒ
ドイツ出身。
人間兵器。右手は小型のマシンガンに改造されており、左手にはかみそりのように鋭い刃が装着されている。両脚のひざから下は、ミサイルを発射できるシリンダーになっている。
  ↓
まさに全身兵器! 原作では、ゼロゼロナンバー達のなかでも、ひと際ロボットに近い身体に改造されていました。強さと悲哀をあわせ持った人です。アメコミ版でも頼れる仲間です。

【005/ゼロゼロファイブ】
ジェロニモ・ジュニア
米国南西部出身。
男性50人分を超える怪力に強化されている。ほとんどの兵器類に耐えられる人工装甲皮膚を持つ。
  ↓
肉弾戦に優れる、怪力無双のサイボーグ。しかし、原作でもアメコミ版でも、“気は優しくて、力持ち”なのです。

【006/ゼロゼロシックス】
張々湖(ちゃんちゃんこ)
中国出身。
超高温火炎放射能力を持ち、口から炎を放つことができる。
  ↓
中華料理のコックであり、仲間たちの“胃袋担当”。そして、007とともに“ユーモア担当”でもあります。もちろん、火炎も超強力(料理にも便利)!

【007/ゼロゼロセブン】
グレート・ブリテン
英国出身。
顔の細胞構造を変えることのできるカメレオンのような機能と、身体の分子形状を変える能力を持つ。
  ↓
元役者であり、サイボーグとしての能力も“変身機能”。原作では、ヘソを押すと変身することができ、鳥などに変身すれば空を飛ぶことも可能。アメコミ版でもユーモアあふれる性格です。

【008/ゼロゼロエイト】
ピュンマ
アフリカ出身。
機械の肺により水中で呼吸することができ、また深海の水圧にも耐えることができる。信じられないほど狭い空間を通り抜けることができる。
 ↓
水中で最高の力を発揮するサイボーグ。アメコミ版ではブラックゴーストに誘拐される前は、祖国で“自由の戦士”をしていました。原作同様、真面目な好青年です。

【009/ゼロゼロナイン】
島村ジョー
出身国不明。
信じられないような強さと衝撃への耐性、対内酸素供給機能、それに赤外線視覚を備えている。奥歯の加速スイッチを押すことで周りのあらゆるものが完全に静止しているように見えるほどの超高速で移動することができる。
 ↓ 
『サイボーグ009』の主人公。アメコミ版では物語のなかで次第に出自が明かされるため、出身国は不明とさせていただきます。ゼロゼロナンバーたちの研究成果をもとに改造されたため、仲間たちのなかでは最も高い機能を持つサイボーグです。そして、特筆すべきは“加速装置”の存在。超スピードでの戦闘は圧巻のひと言!


ここまで読んでいただければお分かりのように、それぞれのキャラクターがそれぞれ個別の能力(機能)を持っています。たとえ敵のサイボーグ達に個別の能力が劣っていても、9人が力を合わせることで、立ち向かうことができる。それが、彼らの魅力です。

こういった部分、いわゆるアメコミヒーロー達に似ていませんか?
多くのアメコミヒーローたちも、個別の能力や技能を持ち、チームを組んで、力を合わせて戦っています。本作の主人公達もとてもヒーロー的であり、アメコミとしてもまったく違和感がありません。それゆえ、従来の『サイボーグ009』ファンはもちろん、アメコミファンの皆様にも大いにお楽しみいただける作品となっています。発売まで、あと約1か月。楽しみにお待ちください。


しかし、「1か月も待ちきれない!!」とおっしゃる皆様のために、今回、特別に各種壁紙をプレゼントいたします。パソコン(PC)に、スマホに、その他にと、ぜひご活用ください!!
(※スマホの画面サイズが分からない方は、「スマホ壁紙サイズ一覧(非公式)」をご参照ください)

◆PC用壁紙
・1:1440×900
・2:1280×1024

◆スマートフォン用壁紙①(Android)
・1:960×800
・2:960×854
・3:1080×960
・4:1440×1280
※非公式「スマホ壁紙サイズ一覧」

◆スマートフォン用壁紙②(iPhone)
・1:iPhone5
・2:iPhone4/4S

facebook用ヘッダー画像
twitter用ヘッダー画像

※壁紙プレゼントは2013年9月29日(日)で終了いたしました。


(文責:佐藤学)