2013年7月29日月曜日

「急遽、代筆を受けてしまったのだ」の巻

こんにちは!

はじめまして、本日は「アメコミ魂」担当者の代筆をしております。つい1時間ほど前の話です。
日々の編集作業に追われ、憔悴した顔のブログ担当者Gくんが、突然「ふぅ――ッ」と深いため息をもらしながら、私のデスクにそっと近寄り、ボッソっと一言。

(Gくん)「あのぅ……アメコミ魂のブログ更新、明日でいいでしょうか?」
(自分) 「…………」

おいおい、更新日は守ろうよ!と思った私は「ちゃんと更新しないとダメでしょッ!?」と、一度は彼の申し出を撥ねたのですが、トホホ顔の担当者にちょっぴり哀愁を感じてしまったので(笑)……代筆を受けるけることにしました。ということで、今回は終始、駄文になってしまうかもしれませんが、しばらくお付き合いください。

夏はまだまだこれからですが、今年の7月は我々に小社にとって“熱い”夏でした。なぜならば、『サイボーグ009 USAエディション』の刊行にはじまり……。

▲アメコミ版「サイボーグ009」
梟の法廷vs.バットマンの最終決戦が描かれた『バットマン:梟の街(THE NEW 52!)』、アレックス・ロスのアートが冴えわたる『マーベルズ』、さらに、これはバンド・デシネですが、雰囲気が最高だと好評を博している『塩素の味』と、海外コミックを4作品も刊行することができました。
▲待望のニュー52バッツ第2巻
▲マーベル初の復刊(小社調べ)
▲夏の香り、プール、塩素の味
これもひとえに皆様のおかげであります。本当にありがとうございます。

今回のアメコミ魂は、7月に刊行したコミックのなかから、「この部分にこだわって編集しました!」と、小さな自慢ができるようなポイントを紹介していこうと思ったのですが、それはまた次の機会にさせていただき、今回は、いま話題となっている作品を一つぜひとも紹介させてください。

いま話題となっている作品――そう 『パシフィック・リム ビジュアルガイド』です! 巨大怪獣vs.巨大ロボ! 鬼才ギレルモ・デル・トロが手掛ける話題作『パシフィック・リム』(8月9日公開)の豪華本であります。しかも3,000部限定発売なんて、読者の皆様に叱られそうなのですが……現在、大好評発売中なのであります! この場を借りまして、ぜひ告知を。いや、アメコミファンも絶対気になっていると思いましてね……。

これまで海外コミックや映画のメイキング本の邦訳出版を数多く手がけてきた小社は、鬼才ギレルモ・デル・トロ監督が放つSF超大作『パシフィック・リム』の唯一の豪華本『パシフィック・リム ビジュアルガイド』を3,000部限定にて7月24日に刊行いたしました(売行き絶好調です)。

昨日、記者会見も行われ、また「アーバンドッグ ららぽーと豊洲」で開催されたジャパンプレミアイベントも好評だった映画『パシフィック・リム』。本書は『パシフィック・リム』の誕生秘話から本作で使われた最先端の特殊効果まで、壮大な『パシフィック・リム』の世界観を凝縮したビジュアルガイドブックです。
 『パシフィック・リム ビジュアルガイド』
 ギレルモ・デル・トロ(序文)、デイヴィッド・S・コーエン(文)
富原まさ江、堂田和美
 大型本(286㎜×260mm)・上製・156ページ・オールカラー・特典付き
◆完売◆
豊富な写真とともに語られる制作時のエピソードはもちろんのこと、人型巨大兵器“イェーガー”や地球を絶滅の危機に陥れる未知なる巨大生命体“KAIJU”の詳細なデータを徹底分析し、その完成までに至る細かなデザインプロセスもあますところなく記録しています。

また、ギレルモ・デル・トロ監督自身がノートに綴ったアイデアやイメージスケッチのコピー、映画で使用されているプロパガンダポスターなどの特典付録も満載です。SFファン、特撮ファン、怪獣ファンなら絶対に見逃せない貴重な資料の数々が詰まった垂涎の一冊です。
▲日本語版でも特典付録が満載です!(*写真は原書イメージです)

さらにギレルモ・デル・トロ監督自らが本書を解説した画像を字幕付きでYouTubeにアップいたしましたので、ぜひ一度チェックしてくださいね! 宣伝担当Tが頑張って字幕処理などをしてくれました!
 
関連ニュースとしては(すでにご存じの方も多いと思いますが)、『パシフィック・リム』と日本が世界に誇るイラストレーター寺田克也氏とのコラボポスターが公開されています! 寺田版ポスター、欲しいッ! 

最後になりましたが、実はこの『パシフィック・リム』は本国ではちゃんとアメコミになっているんですよね。存在自体は知っていたのですが、この『パシフィック・リム ビジュアルガイド』で手いっぱいでしたので、残念ながら見送ってしまいました……う~ん、ここはGくんに「アメコミ魂」を見せてほしかった(後日談:結果、小社で刊行することになりました)。 
▲『Pacific Rim: Tales From Year Zero』
さて、映画『パシフィック・リム』とアメコミが最後に繋がったところで、今回はこのへんでおしまいとさせていただきます。 前回の椎名さんによる「オルタナティブコミックとは何か?」から、今回はガクンッと質が落ちてしまいましたが、次回からはまた担当者が頑張ってくれると思います。今後ともよろしくお願いいたします。

ではまた!


(文責:山本将隆)