2014年1月28日火曜日

『バットマン&ロビン』を語る

こんにちは!

今日は火曜日。しかもあと数分で水曜日……一日遅れの更新にて失礼しますm(_ _)m

さて、明日29日は『バットマン:バトル・フォー・ザ・カウル』の発売日です。都内では今日から店頭に並んでいる書店さんもあるので、すでに購入された読者さんもいらっしゃるかもしれませんね。『バットマン:バトル・フォー・ザ・カウル』については前回のアメコミ魂をご参照ください。今回はグラント・モリソンが手掛けたバットマン新サーガの第二部にあたる2月26日頃発売バットマン&ロビン』を少しだけご紹介いたします。二代目バットマンが登場する、とても人気の高い作品です。

(この表紙をご覧ください。ちょっと細身で若いバットマンと……小生意気そうなロビンは、いつものダイナミック・デュオとは違いますでしょう……)

ちなみに“二代目バットマンに誰がなるのか”を描いた『バットマン:バトル・フォー・ザ・カウル』は、『バットマン&ロビン』の序章ともいうべき作品です。

本書『バットマン&ロビン』は“ABSOLUTE BATMAN & ROBIN: BATMAN REBORN”を底本としており、“BATMAN & ROBIN #1-16”と“BATMAN: THE RETURN #1”が収録されています。またグラント・モリソンによる自作解説も収録されているんです! バットマンの息子ダミアンを登場させた『バットマン・アンド・サン』から始まったグラント・モリソンによるバットマン新サーガも、『バットマン:ラーズ・アル・グールの復活』『バットマン:ブラックグローブ』『バットマン:R.I.P.』と続き、一つの区切りを終えました。この4冊が第一部とすると、本書『バットマン&ロビン』は第二部にあたります。

『バットマン:R.I.P.』において、バットマン/ブルース・ウェインは“死亡”してしまったので、この『バットマン&ロビン』ではブルース・ウェインではない“誰か”がバットマンを受け継いで活躍します。誰が二代目バットマンを襲名するのかは『バットマン:バトル・フォー・ザ・カウル』を読めばわかります! 読者さんのなかでは、『バットマン・アンド・サン』から『バットマン:R.I.P.』まで読んでないから、『バットマン:バトル・フォー・ザ・カウル』も『バットマン&ロビン』もスルーしよう……なんて思っている方もいらっしゃるのでは?(笑) でもご安心ください。もちろん前作(第一部)を読んでいれば、よりいっそう楽しめるのですが、そうでなくても(バットマンやロビンの設定が少しわかっていらっしゃれば)誰でも楽しく読めます。『バットマン:バトル・フォー・ザ・カウル』から入ってもOK、『バットマン&ロビン』から入ってもOKです。そのために巻末にある解説は充実させていますので、第一部を未読であっても楽しめるはずですよ。

以前までは、すでに物語の大筋を知っている読者さんが多いから、ここまでは書いていいだろうなんて思っていましたが、ネタバレを嫌がる読者さんもいらっしゃるので、あまり内容について深くは突っ込めませんが、ディック・グレイソンジェイソン・トッド(え? ジェイソンって殺されたんじゃないの?と思われた方は『バットマン:アンダー・ザ・レッドフード』をお読みください!)、ティモシー・ドレイクダミアン・ウェイン……これらバットマンの“息子”たちのなかから誰かが二代目バットマンを襲名するのですが、ブルース・ウェイン以外の誰かがバットマンになるということは大きな事件であり、新たな時代の幕開けです。まさに世代交代。この世代交代がきっかけで、『レッドロビン』の創刊など当時(2009年)のバットマン関連誌は大幅にリニューアルされることになったのですが、詳しくは本書の解説をお読みくださいね。

「ブルース・ウェインはどこに行っちゃったのかな?」「生きているのかな?」などと思いながら本書を読み進めていくと、後半で衝撃の事実が……! そしてその衝撃は、3月発売予定の作品(題名からしてネタバレなのでここでは一応自粛……)、4月発売予定の作品(同左)へと続き、第二部が完結するのであります! 今後も目が離せませんよ!

最後にツイッターでも『バットマン&ロビン』の(外側の)魅力を紹介していますので、ご参考までに。

【バットマン&ロビン情報1】
2月26日頃発売『バットマン&ロビン』の底本はコレ! で、デカイ…。日本語版は、な、なんと496ページ!

【バットマン&ロビン情報2】
2月26日頃発売『バットマン&ロビン』の収録作品はコレ! な、なんとTPB3冊分を収録で本体価格3800円+税!

【バットマン&ロビン情報3】
まだ見本も出来てないけど、2月26日頃発売『バットマン&ロビン』の束見本がコレ! UTRHよりもかなりの分厚さ…。読み応え充分!

比べる必要はないのですが、『デッドプール:マーク・ウィズ・ア・マウス』と『バットマン:アンダー・ザ・レッドフード』と比べるとこんな感じです…どうなる??『バットマン&ロビン』笑! でも面白いので1日で読めちゃいますよ!

今回はここまでですが、ちなみにバットマン:ハッシュ 完全版重版決定いたしました! 発売わずか3ヶ月! 大人気ですので、これを機に未読の人はぜひお読みください。ジム・リーの画、凄いです。さらに、まだまだお騒がせな俺ちゃんも重版が決定! そう、デッドプール:マーク・ウィズ・ア・マウスです! さらにさらに不朽の名作ウォッチメンも重版決定で、まだまだ邦訳アメコミを盛り上げていきますよ! よろしくお願います!

次回は来週か再来週の月曜日に……。

ではまた!


(文責:山本将隆)