2014年2月24日月曜日

全世界が称賛したグラフィック・ノベル『デイトリッパー』

皆さん、こんにちは!

昨年、アメコミ関連で大きな話題となったのが、映画『マン・オブ・スティール』の続編が「バットマン vs スーパーマン(仮)」だと発表されたことでしょう。アメコミ界を代表する超人のスーパーマンに対して、普通の人間であるバットマンがどのように戦うのか? 期待が高まりますね!

この対決が気になる方は、ぜひ小社から発売中の『JLA:バベルの塔』をご覧ください。バットマンのおそろしさが伝わるはずです。



▲『デイトリッパー』
ファビオ・ムーン/ガブリエル・バー[著]
定価:2600円+税
●小社より2014年2月26日頃発売●
さて、バットマンと同じDCコミックス(ただし「VERTIGOレーベル」ですが)から原書が発売された本書『デイトリッパー』の主人公であるブラスも、特殊な能力を持たない普通の人間です。

とはいえ、バットマンのように常人が達する極限の域まで鍛錬を積んで悪と戦うわけでも、『キック・アス』のようにまずは形からヒーローを目指そうとするわけでもありません。

本書にはヒーローもヴィランも登場しません。彼らは私たちと同じような日常の世界を生きており、本書は普通の一般人である主人公ブラスの人生を描いた作品なのです。

著者はファビオ・ムーンとガブリエル・バー。1976年にブラジルのサンパウロで生まれた一卵性双生児の兄弟です。ガブリエル・バーは、元マイ・ケミカル・ロマンスのヴォーカリストであるジェラルド・ウェイ脚本の『アンブレラ・アカデミー ~組曲「黙示録」~』でアートを手掛けていますので、ご存じの方が多いかもしれませんね。

1993年にまずは自費出版からコミック・アーティストとしての活動を始めた二人は、1999年にアメリカでのデビューを果たします。他作家との共作も手掛けてキャリアを重ねてきた二人は、2006年に刊行した兄弟共作による『De: TALES』という作品が全米図書館協会の選ぶ「ベスト・グラフィック・ノベル10冊」に選定されたり、コミック界のアカデミー賞ともいえるアイズナー賞にノミネートされるなどして、コミック作家としての評価を高めました。

そして、2010年にリーフが刊行され、2011年にTPBにまとめられた本作『デイトリッパー』は、念願のアイズナー賞を受賞。そして、同じく権威あるコミック賞であるハーヴェイ賞も受賞し、ニューヨーク・タイムズのベストセラーで1位を獲得するなど、大成功をおさめます。涙ながらに行われたアイズナー賞の授賞式の様子は本書の翻訳を担当していただいた椎名ゆかりさんによる「訳者あとがき」に記されていますので、ぜひご覧ください。

上記のような経緯を持つ作品ですので、“人気キャラクターが繰り広げる派手なバトル”のようなエンターテインメントを求められている方には敬遠されてしまうかもしれません。

しかし、どうか一歩踏みとどまってください。

決して派手ではありませんが、本書も間違いなくエンターテインメント作品なのです。

本書は10章で構成されています。そして最初に読み始めた1章の終わりで、主人公は非業の死を迎えます。続く2章では、また同じ主人公の人生の中での別のシーンが描かれ、そしてまた主人公は死を迎えます。

そう本書では、章ごとに、それぞれのシチュエーションでの“主人公の死”が描かれていることにだんだんと気づかされます。第3章が始まり、物語が大きく動き出そうとする瞬間の衝撃的な死。そして、第4章の新たなシーンの始まり……。ここまで読み進めた時、読者は作品の大いなるエンターテインメントの世界に閉じ込められてしまっていることに気づくでしょう。

静かに物語が進んでいくように思わせながら、実は読者の感情の大きなうねりを生じさせ、現実にそくした世界を描いているようでいて、私たちの片足はいつの間にか幻想の世界に踏み入れているのです。その根底には、著者の二人のルーツである南米で花開いた幻想文学の魔術的リアリズムが流れているのかもしれません。

5章、6章と読み進める中で、読者は作品が醸しだす世界に身を任せるしかありません。そしてたどり着いたラストのページをめくった時、きっと「人生に隠された偉大な秘密」が伝わってきます。

少しでも興味をお持ちになったとしたら、ぜひ本書をお手に取ってご覧ください。アメコミの、というよりもコミックの奥深さを思う存分に味わうことができるはずです。


(文責:佐藤学)