2014年7月28日月曜日

『GODZILLA ゴジラ』を より楽しむ必携の一冊!

こんにちは

今月のアメコミ新刊『バットマン:喪われた絆』『スパイダーマン:ブルー』いよいよ明日729日(火)発売となりました! 早いところではもうお手元に届いている方も、いらっしゃるかもしれませんね。

▲『バットマン:
喪われた絆(THE NEW 52!)』

スコット・スナイダー[作]
グレッグ・カプロ他[画]
定価:2,000円+税
●7月29日発売予定●
▲『スパイダーマン:ブルー』
ジェフ・ローブ[作]
ティム・セイル[画]
高木 亮[訳]
定価:2,000円+税
●7月29日発売予定●

バットマン「喪われた絆」シリーズ三部作第一弾としてまたスパイダーマン9月発売予定『スパイダーマンステイシーの悲劇』(正式タイトル確定しました!)に続くストーリーとしてどちらも楽しみにしていただけたらと思います。

さて今週の「アメコミ魂」は、ShoPro Booksが誇るアートブックシリーズの最新作をご紹介します!

先週7/25(金)に公開された映画『GODZILLA ゴジラ』その主役「ゴジラ」は1964年に東宝が製作した『ゴジラ』にて登場しました以来、日本で28作品が作られ、また過去にはハリウッド版『ゴジラ』も製作されたのは皆さんご存知の通りです


登場から60年を迎えた2014年……、アメリカから「ゴジラ」が再上陸!

▲『GODZILLA ゴジラ
アート・オブ・デストラクション』

マーク・コッタ・ヴァズ[著]
ギャレス・エドワーズ[序文]

本書は『GODZILLA ゴジラ』を生み出したギャレス・エドワーズ監督へのインタビューをはじめ、制作チームの「ゴジラ」と、作品に対する熱い思いが無数に詰まっています。

ただし、本書は単なるインタビュー集ではありません

スタッフの「ゴジラ」にかける情熱はもとより、
“21世紀のデジタル技術が実現した映像クオリティ”
“多数のアーティストが試行錯誤を重ねたデザインアート”
などなど、超一流のスタッフが最高の『GODZILLA ゴジラ』へとたどり着く過程を丁寧に記録しています。

本書を手に取っていただく大半の方は、映画本編を楽しみにしていると思いますのでネタバレにならぬように、内容は目次でご紹介します。



GODZILLA ゴジラ アート・オブ・デストラクション

序文 ギャレス・エドワーズ

<パート1:夢が現実に>


・Atomic Monster 核怪獣

・Journey Story 道程を描く
・Brainstorming ブレーンストーミング
・Evolution 進化
・Previz プレビズ
・Primal Sounds 原始の叫び
・The Presentation プレゼン
・The Trestle Bridge トレッスル橋
・Setting the Stage 舞台設定

新鋭の監督が抜擢されるまでの経緯、「ゴジラ」をもう一度デザインするとともに、新たな敵「ムートー」を生み出す作業、これまでにない圧倒的な迫力のある映像を作るまで、が詳細に記録されている。初めての予告編が発表されたその瞬間から監督の夢とファンの夢がともに現実に向けて動き出した……。

<パート2:撮影所の魔法>

・Role-Playing ロールプレー

・The Inner Sanctum 聖域
・Control Room コントロール・ルーム
・Into the Q-Zone 隔離地帯の中へ
・Making Monsters メイキング怪獣
・Path of Destruction 破壊の道
・Smoke and Shadow 噴煙と影
・War Stories 戦争物語
・The End of the Line 最終章
・Godzilla Encounter at Comic-Con™ コミコンにゴジラ再び

実際に撮影を始めるにあたってキャストのキャラクター構築や、セットの世界に現実味を加える作業が進む。また「ゴジラ」「ムートー」のデザインを試行錯誤しながら形にしていく。撮影したすべての要素を一つにするまで、スタッフの戦いは続く。

<パート3:創造>


・Monster Bloodbath 怪獣大虐殺

・Into the Digital Realm デジタル界へ
・“This Is Going to Work,
・This Is Going to be Cool . . .” 格好良い

撮影した映像とデジタルエフェクトの融合は、本作の出来を決める鍵。また音響や臨場感を演出する効果は、現実感を強くするために重要な要素。より格好よくするにはどうしたらいいか? その答えが『GODZILLA ゴジラ』として出来上がった。


本書の表紙は毛筆で書かれた『ゴジラ』が目を引きますが、これは原書デザインのままです。
「日本が生んだゴジラ」という“メイド イン ジャパン”を意識したのでしょうか。

本文の見出しも、英文はもちろん原書のままですが、見出しの日本語も、実は原書からのオリジナルなんです。目次だけではほんの少し「?」な日本語も本書を見れば納得していただけるのではないでしょうか。もちろん、本文はきちんと“読める日本語”になっていますのでご安心を!

日本での出版に際しては、高温多湿のため貼り付いてしまう可能性がある印刷は変更しましたが、サイズや内容は、原書イメージをそのままに再現できるよう心がけました。原書に関わった方に喜んでもらえる日本語版になったら嬉しいなぁ……なんて思っています。

手前味噌で恐縮ですが、本書『GODZILLA ゴジラ アート・オブ・デストラクション』は、ShoPro Booksアートブックの中で最高の初動を記録することができました。

「ゴジラ」シリーズが好きな方SF映画好きの方はもちろん、立体造形物を作る方には参考にしていただきたいですし、さらには、ミリタリー好きの方には登場する米軍兵士の装備各種をチェックする資料にもなるかと思います。アーロン・テイラー=ジョンソン演じる主人公、フォード・ブロディ大尉ともにHALOジャンプする他の隊員の装備が異なることも、確認することが出来ます。

もちろんそんな細かいことは気にせずに『GODZILLA ゴジラ』を見たすべての方に見ていただきたい1冊です!

本書をご購入いただいた方を対象にバンダイの『GODZILLA ゴジラ』商品「S.H.MonsterArts ゴジラ(2014)」「ゴジラエッグ ゴジラ2014」&「ゴジラエッグ ムートー」が当たるプレゼントキャンペーンも実施! ぜひとも、お手にとってご覧ください。

それではまた!


(文責:石割太郎)