2014年8月25日月曜日

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』前日譚、発売

「アメコミ魂」読者のみなさま、こんばんは!

毎日暑いですが、夏をエンジョイしていますか?

今回ご紹介するのはガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:プレリュードというタイトルです。
▲『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:プレリュード』
定価:2,000円+税
●9月3日発売予定●
本書は、9月13日(土)に公開される映画ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に合わせて出版する映画関連コミックで、前半は映画本編の背景を描いた『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:プレリュード』2話、および『デンジャラス・プレイ』が収録されており、映画の世界をより深く楽しめます。

後半はこの宇宙最凶チームであるガーディアンズ・オブ・ギャラクシー各キャラクター原作エピソード5話を収録。これらを読むことで、登場キャラクターの知られざるルーツを辿ることができます。

映画本編の過去を描いたオリジナル・ストーリー『プレリュード』#1『プレリュード』#2『デンジャラス・プレイ』の設定や展開は完全に映画版ベースとなっています

『プレリュード』#1では、ガーディアンズのメンバーである女暗殺者ガモーラ”と妹分“ネビュラ”とのストーリーが描かれています。パワー・ストーンであるオーブを巡る女同士の壮絶な戦いは、読んでいてつい引き込まれます。

『プレリュード』#2は、個性的なキャラクターで編成されるガーディアンズチームの中でも、遺伝子改造されたアライグマのロケット”(CMで見た方も多いはず……)と樹木型ヒューマノイドの“グルート”黄金ペアが活躍するストーリーです。

キュートなルックスとは裏腹に、ライフルをぶっ放すという過激な宇宙の無法者である“ロケット”と、「私はグルート」の一言しか話せない心優しく天然キャラの“グルート”とのやりとりはもちろん、長年の相棒である二人ならではのコンビは最高です! ぜひ、本書と映画の両方で、二人(2匹)の息の合ったアクションにご注目ください!

そして後半の各キャラクター登場エピソードは、映画とはまったく異なった世界観を堪能することができます。

それも、これらの収録エピソードは描かれた年代も作家もそれぞれバラバラで、マーベル・コミックスの歴史を簡単に振り返ることができるアンソロジー的な要素もあります。その中には、“アイアンマン”“ハルク”といった“アベンジャーズ”の面々が出てくるエピソードもあり、ガーディアンズメンバーとの活躍にはワクワクさせられます。また、映画版では心優しいグルートですが、コミック版初登場のグルートはホラー・キャラというギャップも興味深いです。

それから、ガーディアンズのリーダーである“ピーター・クイル”のオリジンを改めて描いた『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』 #0.1というレアなストーリーも収録されています。このストーリーでは、なんと一時的にあのスーパーヒーロー”がガーディアンズにチーム参加しているんです! 「それは一体、誰なのか……?」ぜひその目でご覧ください!

先日、映画ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の試写を観させていただきましたが、型破りなキャラクターが暴れ回る様はまさに映画ならではの体感でした。

幼くして地球から誘拐されトレジャー・ハンターとなったピーター・クイル。そんな彼がある日、巨万の富を夢見てオーブを盗む。だが、このオーブこそ銀河を滅亡させるほどの力を持つパワーストーンであった。そのオーブを狙う悪党たちから追われることになったピーターは、刑務所で出会った宇宙最凶のアライグマや、犯罪歴を持ったヤバすぎる仲間たちとチームを組んだ。それが、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー。彼らは、この勝ち目のない無謀すぎる戦いに、どう挑むのか――。

……というイントロダクションからも、派手なバトル要素やスターシップが飛び交うスケール感あふれるアクションはもちろんのこと、危機を通じてお互いを信じることを知り真の仲間となっていくストーリーもあり、興奮と感動が満載です!

また、この映画で注目したいのは、冒険を彩る地球の70年代ヒット曲の数々!

少し紹介しますと、まずオープニングを飾るのが10cc“I'm Not In Love”。'75年6月に全英1位を記録したスーパーヒット曲です。ちなみに、10ccの名前の由来には都市伝説がありましたね。気になる方は調べてみてください。この都市伝説を私はずっと信じていました……(汗)。

“ギャラクシー(銀河)”つながりでは、David Bowie“Moonage Daydream”。グラムロック時代のアルバム『ジギー・スターダスト』('72年)収録曲です。この頃のDavidは宇宙人コスチュームでライブをしてました。

そして、終盤にはMarvin Gaye&Tammi Terrell“Ain't No Mountain High Enough”。60年代最多のヒット曲輩出レーベル、モータウンレコードが放ったスーパーデュオの代名詞。ラストシーンと曲の歌詞が見事にマッチしています! さらにエンドロール直前には、あの伝説グループのあの曲が……それは劇場でご確認ください!

暑さも少しは落ち着く9月には、ぜひ本書を、映画を観る前と観た後に読んでいただき、さらに広がる銀河への冒険エンジョイしていただければ幸いです。


(文責:渡辺直