2015年5月11日月曜日

“リル” の仲間にまた会える!

「アメコミ魂」読者のみなさま、こんばんは!

今月は新刊タイトルが4冊あります!

簡単にご紹介しますと、

その1
伝説を目撃せよ! バットマン史上に残る壮大な叙事詩、第2巻!
『バットマン:ノーマンズ・ランド 2』

その2
話題のアイズナー受賞作がついに日本初上陸!
『マウス・ガード 1152 秋』

その3
いまアメリカで最高の人気を誇る新世代コミック!
『サーガ 1』

そして、その4が今回ご紹介する『バットマン:リル・ゴッサム 2』です!
『バットマン:リル・ゴッサム 2』
ダスティン・グエン[作・画] デレク・フライドルフス[作]
定価:(通常版)本体1,800円+税
定価:(特装版)本体2,300円+税
●5月26日頃発売●
本作品は、今年の2月に発売しました『バットマン:リル・ゴッサム 1』の第2巻になります。

今回もストーリーは、“リル版”ゴッサムシティの四季折々なイベントにバットファミリーが大活躍!

登場キャラクターは、バットマン、ロビン、ナイトウィング、オラクルたちいつものメンバーに加えて、今回はアクアマン、ブラックキャナリー、ホーク&ダブ、フラッシュも出てきて大騒ぎ! 

もちろん、ジョーカー、トゥーフェイス、クレイフェイスといったおなじみのヴィランたちも本誌でしか見れない、キュートな姿でお目見えします。

第1巻では、ハロウィンに始まって、サンクスギビング・デイ、クリスマス・イブ、大晦日、バレンタインデーといった1年を通じた祝日をテーマにストーリーが展開されました。
それでは、第2巻にはどんなお話が収録されているのでしょうか……

水無月→テーマが表しているとおり、日本が舞台のお話です。水無月とは日本での6月の別名ですが、東京湾に巨大な怪獣が2匹現れた!? 水といえば、あのヒーローの登場です! バットファミリーは日本を無事、怪獣の攻撃から守ることはできるのか!? ラストにはダミアンと女子高生とのやりとりも!

独立記念日→ジョーカーがアーカム・アサイラムからの独立を祝おうってことで、ヴィランたちにありったけの花火をかき集めさせることに! 
しかも、ペアを組んで対抗戦にしたほうが燃えるということでペンギンとアイビー、ベインとファイヤーフライ、キラークロックとロキシー・ロケット、ソロモン・グランディとマッドハッターの組み合わせでペアを組むことに! 肝心なジョーカーは「オレにはこいつがいるから…」って、ハーレイ・クインを自ら選びます。(なかなかの男気ですね。)
残ったトゥーフェイスは……そう、一人で二人役。さて、バットマンはこの危険な火遊びを食い止めることが出来るのか!?

南国へバカンス→いつもゴッサムのことを気にかけているブルースですが、8月は犯罪もオフシーズンということで休暇を取って旅に出かけます。アルフレッドの粋なはからいもあって、一緒に旅するのはキャットウーマンこと、セリーナです。
海中で宝の地図らしきものを見つけたセリーナですが、宝のありかを示した場所には……。
休暇といっても、ゆっくりできないのがバットマンの宿命でしょうか。

バットマンが休暇中のゴッサム→バットマンが休暇中、ゴッサムを任されたダミアン。ペンギンによる宝石強盗計画を阻止することに! 友人のコリン・ウィルクス、ホーク&ダブも登場!

ゴッサム・コミコン→アメコミ魂読者のみなさんはご存知かと思いますが、コミコンとはコミック・コンベンションの略で、文字通り漫画などの大衆文化に関するコンベンションです。ひょんなことから、そんなゴッサム・コミコンにバットマンとロビンが来場!
アーティスト・アレイ(作家ブース)には、本書著者のダスティン・グエンデレク・フライドルフスの姿も! どこで出てくるのかお楽しみに!

労働者の日→ゴッサムの犯罪者ご用達の大工、通称“カーペンター”のジェナ・ダフィにスポットを当てたお話です。仕事を休んで、ずっと先延ばしにしていた用事に取りかかろうとするのですが、バットマンが悪人を片っ端からやっつけちゃうもんだからヴィランから修理依頼の電話が鳴り止まない……。

落ち葉の季節→ポイズン・アイビーにとって、秋は四季で一番嫌いな季節。そう、紅葉で木の葉っぱも舞い落ちてしまいます。そんな、、ちょっぴりおセンチなポイズン・アイビーをハーレイやキャットウーマンが元気づけてあげようとしますが……。
移りゆく季節とともに、様々な感情をもつアイビー。どこをとっても本作は絵本のようなアートが特徴ですが、特にこのアイビーの回は、その美しい色使いは見逃せません!

ウェイン邸の奥深くに潜む謎とは…?誰も使っていないはずのウェイン邸にある東棟。まるで、ミイラ博物館のようなこの場所でダミアンが夜中に見た光景とは!? レッドロビン、カタナも加わりその謎の解明に挑む!

諸聖人の日→ハロウィンの翌日である、11月1日の諸聖人の日を題材にしたお話。バットウィングが故障したことから砂漠をさまようことになったバットマンとロビン。
そこで出会ったのはアズラエル! 聖デュマ教団の墓地という土地でゾンビとして蘇った騎士たちを前にどう立ち向かうのか!?

サマータイムの最終日時計の針を1時間戻すことになる、11月のお話。時間に関係するヴィラン、そうクロック・キングの登場です!

サンドイッチの日→サンクスギビングデイがある11月のもうひとつの記念日である、サンドイッチの日。本作で初登場のヴィラン、ミス・サンドイッチ、グランブラー、ポテト・チャップスにご注目!

クリスマス→やっぱり祝日の最後を飾るのはクリスマスですね! いろんなキャラクターの魅力的なエピソードは本書を締めくくるのに相応しい内容です。

このように、第2巻も楽しい物語がたくさん収録されています。
いつものシリアスなバットマンシリーズも良いですが、本書の心温まるストーリーや絵本のようなアートはまた違った面白さを発見できるはずです!

また、本書はコミックのみの展開に留まらず、DCコレクティブルからアクションフィギュアが発売されたり、日本ではコトブキヤさんからもバットマン、ロビン、ジョーカー、キャットウーマン、ハーレイ・クイン、ポイズン・アイビー、そしてナイトウィングの人気者7名を、ビンテージ消しゴム風なレトロスタイルのミニフィギュアにした「バットマン:リル・ゴッサムミニフィギュア」が発売されます!

そして、上記フィギュアのラインナップにはない“立ち膝ポーズのバットマン”フィギュアとコミックをセットにした『バットマン:リル・ゴッサム 2(特装版)』も同時発売です!

しかも、特装版の同梱フィギュアの成型色はレアなフレッシュ(肌色)を採用!
ぜひ、特装版もチェックしてみてください!

他にない、溢れる魅力をキュートな姿に詰め込んだ“リル”なキャラクターたちが大活躍する『バットマン:リル・ゴッサム 2』は5月27日頃発売です!

それではまた次回に。


(文責:渡辺直経)