2016年10月26日水曜日

『インジャスティス・リーグ』刊行記念!
今からでも間に合う『ジャスティス・リーグ』誌


読者の皆様、こんにちは! 「アメコミ魂」ライターの乙間です。

最後の最後で一日遅れの更新……失礼いたしました! 来週からは、編集部員たちが執筆するブログに戻りますが、引き続きよろしくお願いします。

さて、今週は本日26日より順次発売となる『ジャスティス・リーグ:インジャスティス・リーグ(THE NEW 52!)』をご紹介するとともに、過去のニュー52シリーズのジャスティス・リーグ作品を振り返りたいと思います。都内の一部書店さんでは、昨日より発売しているので、すでに読んだ方も多いかもしれませんが、ぜひお付き合いください。


まず、新刊『ジャスティス・リーグ:インジャスティス・リーグ(THE NEW 52!)』を簡単にご紹介します。本書は、「JUSTICE LEAGUE」誌の30~39号をまとめたTPB(合本)になります。39号のカバーデイトが2015年4月ですので、ちょうど1年半前にアメリカでリリースされた作品です。日本でもようやく追いついてきましたね。今後の続刊も楽しみです。

前作『フォーエーバー・イービル(THE NEW 52!)』では、レックス・ルーサーたちが並行世界の犯罪組織クライム・シンジケーと戦い、ルーサー側が勝利を収めました。ヴィランであったルーサーは、世界を救ったヒーローとしてみられることになるのですが、その続きが本書になります。本書の物語は大きく分けて二つあります。一つは、パワーリングを巡る物語。もう一つは、アマゾ・ウィルスが蔓延して、皆がゾンビ化する物語です。二つの物語を通しての主人公は、レックス・ルーサー。彼がこれらの物語にどのように関わっていくのかは、ぜひ本書で確かめてください。

店頭では本がシュリンクされていて、アメコミは中身が見れないことが多いので、ちょっと気になるシーンを以下に掲載したいと思います。ご購読するか否かの参考にしてください。

▲ページをめくると冒頭にレックス・ルーサーを中心としたジャスティス・リーグが!?

▲ウェイン邸に訪れるルーサー。彼はウェインの正体を知っていた……。

コミックスファンにとって嬉しいのが、世界一奇妙なヒーロー“ドゥーム・パトロール”との共演でしょうか。天才科学者のチーフ、元レーサーの厳ついロボットマン、元パイロットで全身が包帯に巻かれたネガティブマン、元ハリウッド女優のエラスティガール(あの「Mr.インクレディブル」のイラスティガールの元ネタといっても過言ではないか……双方ともスペルは“Elasti”)、元医学者生のエレメントウーマン。彼らがどうのように絡んでいくのか……ご期待ください!

▲ドゥーム・パトロール、見参!

▲ルーサーが原因でアマゾ・ウィルスが拡散され……。

強靭なスーパーヒーローたちもアマゾ・ウィルスに感染し、次々と倒れていくなかで、スーパーマンとバットマン(マスクを着用)だけは感染を免れ、ゾンビ化した者たちを退治していた。だが、ゾンビと戦っていたバットマンのマスクが壊れ……続きはコミックで!

▲バットマンがゾンビになる!?
さて、本書も気になるところですが、次巻はダークサイドとアンチモニターとの戦いにジャスティス・リーグが加わるという壮大なスケールの「ダークサイド・ウォー」編です(上下巻として発売予定)。こちらもぜひご期待ください。


巻数を重ねるごとに、どんどんスケールが大きくなっていく「ジャスティス・リーグ」誌。今回は、「アメコミ魂」の過去記事を拾いつつ、過去作を振り返っていきたいと思います。


第1巻『ジャスティス・リーグ:誕生(THE NEW 52!)』
とにもかくにも、第1巻ですので、まずは本書からお読みください。本書は、スーパーヒーローがスーパーヒーローとして認知されていなかった時代のお話で、彼らが初邂逅する物語です。ニュー52シリーズでの現代より「5年前」にあたる出来事が描かれています。どうやって、ジャスティス・リーグができたのか、映画公開前にチェックしてくださいね。

●過去のアメコミ魂● 
『フラッシュ:新たなる挑戦』から始める“ニュー52”


第2巻『ジャスティス・リーグ:魔性の旅路(THE NEW 52!)』
バットマン、スーパーマン、グリーンランタン、フラッシュ、ワンダーウーマン、アクアマン、サイボーグ――7人で結成されたヒーローチームが誕生してから数年後、彼らは世界一のヒーローチームとして認められ、世界中の人々に愛されていました。ですが……という物語です(笑)。他の作品と比べると、ちょっと地味ですが、面白いのでぜひ追いかけてみてください。

●過去のアメコミ魂●
2013年のShoPro Books刊行作品を振り返る


第3巻『ジャスティス・リーグ:アトランティスの進撃(THE NEW 52!)』
本書でフィーチャーされているのは、『アクアマン:アトランティスの王(THE NEW 52!)』も発売され、注目が集まっているアクアマン。「アクアマン」誌の日本語版はオリジナル編集で第3巻まで刊行する予定なのですが、『アクアマン:アトランティスの王(THE NEW 52!)』を読み進めていくと必ずこの物語が必要になってきます!

 ●過去のアメコミ魂●
『JL:アトランティスの進撃』で今後のDC映画祭りを予習


第4巻『ジャスティス・リーグ:トリニティ・ウォー(THE NEW 52!)』
本書のキーマンは、カバーアートの背景にいるフードをかぶった“パンドラ”という女性です。彼女は、各誌にわたって、隅っこのほうに必ず登場していたのです! それを見つけるのも楽しみの一つでした。彼女の行動、目的、敵対するグループなどすべてが謎に包まれていたのですが、その謎がついに本書で明らかになります!

●過去のアメコミ魂●
お待たせしました! トリニティ・ウォー!


第5巻『フォーエバー・イービル(THE NEW 52!)』
前巻の衝撃的なラストを受けての本作。必ず第4巻と第5巻はセットでお読みください。本書では、史上最悪のヒーローチームが登場します。本ブログの冒頭でも述べましたが、悪の組織クライム・シンジケートに対抗したのが、ジャスティス・リーグではなく、ルーサー率いるヴィラン軍団だったのです! 手に汗握る展開はぜひ本書にて!

●過去のアメコミ魂●
史上最悪のヒーローチーム!「フォーエバー・イービル」!


そして、第6巻にあたる『ジャスティス・リーグ:インジャスティス・リーグ(THE NEW 52!)』へと続くのですが、ジャスティス・リーグに興味を持った方はまず「誕生」から読み進めていけば、来年の映画公開までにはまだ間に合いますので、ぜひご一読ください!

次週は奇怪なヒーロー『ムーンナイト/光』をご紹介します。

では、また来週火曜日の正午に。

(文責:乙間萌生)

TM & Ⓒ 2016 DC Comics. All Rights Reserved.


▼おもしろい記事がありましたら、ぜひ皆様のSNS等でご紹介してください。ただし、画像の無断転載はご遠慮ください。

▼ご意見・ご感想・ご指摘・邦訳希望・翻訳者希望・持ち込み企画などは、本ブログの下段にある「メッセージを送る」を押していただき、指定の送信フォームからお送りください(携帯からはウェブバージョンにてご対応ください)。