2017年2月28日火曜日

各キャラがもっと好きになる、
スーサイド・スクワッド読み切り2タイトル

「アメコミ魂」をご覧の皆さま、こんにちは!
2月の発売ラッシュ第2弾では、4タイトルが同時リリースされました。
熱心な読者の皆さまにおかれましては、すでに全作チェックしていただけていることと思います。ですよね! 本当にありがとうございます!!

今回はそのうち、スーサイド・スクワッド関連の読み切り2作品をご紹介しましょう。
まずは『スーサイド・スクワッド:デッドショット』について。

スーサイド・スクワッド:デッドショット
ブライアン・ブッチェラート[作]
ビクトル・ボグダノビッチ[画]
定価:本体2,000円+税
◆好評発売中◆


映画でも好評を博した自殺部隊<スーサイド・スクワッド>。そこに所属する“孤高のガンマン”が、デッドショットことフロイド・ロートンです。
彼の単独主演作として描かれる本作ですが、スーサイド・スクワッドのレギュラーメンバーもしっかり登場しており、見どころもいっぱいです。
小社刊『スーサイド・スクワッド』のチームとしての過去作品は、現在下記2冊が刊行されています。こちらもお見逃しなく!

スーサイド・スクワッド:悪虐の狂宴
アダム・グラス[作]
フェデリコ・ダロッチオ他[画]
定価:本体2,000円+税
◆好評発売中◆


スーサイド・スクワッド:バジリスク・ライジング
アダム・グラス[作]
フェルナンド・ダグニーノ[画]
定価:本体2,200円+税
◆好評発売中◆


本作『スーサイド・スクワッド:デッドショット』の脚本はブライアン・ブッチェラート氏によるもので、骨太かつちょっと重めの展開です。
抑えたトーンで登場人物の心の機微を余すところなく描いた、大人向けのハードボイルドといったところでしょうか。もちろん迫力のアクションシーンも盛りだくさん。ハーレイ・クインのかわいらしさもアマンダ・ウォラーの鬼畜ぶりも健在です!
「デッドショットって、ヴィランとはいえちょっと殺しすぎじゃない?」「地味だし、あんまり好きじゃないんだよなぁ」なんて思っている方にこそ、ぜひ読んでみていただきたい作品です。きっとデッドショットのことが好きになっちゃいますよ。

ちなみに。
ルックスなどが似通っていることから、デッドショットとよく比較されるのがデスストロークさんです。

デスストローク
トニー・ダニエル[作・画]
定価:本体2,100円+税
◆好評発売中◆

小社から単独主演作が刊行されたのもデスストロークのほうが先だし、本国での人気や知名度も、やや水をあけられているデッドショット……。しかし、キャラクターの誕生自体はデスストロークが1980年、デッドショットが1950年と、後者のほうがずっと先輩です。舘ひろしさんと同い年ですから、さすがデッドショットさん、渋いわけですよね。
デスストロークの既刊についてはこちらでご紹介していますが、続刊『デスストローク:ゴッド・キラー』も近日発売予定です!


そしてもう一作は『スーサイド・スクワッド:カタナ』です。

スーサイド・スクワッド:カタナ
マイク・W・バー[作]
ディオゲネス・ネベス[画]
定価:本体2,000円+税
◆好評発売中◆

こちらはデッドショットの読み切り作と打って変わって、カタナの女性らしい優しさとまっすぐな正義感が気持ちよい、ヒューマン(?)なストーリーです。
あらすじは下記のとおり。↓↓↓

「小国マルコビアを、カルト教団コブラの侵攻から救う」という任務を与えられたカタナ。事務的に仕事をこなして帰る予定だったが、島の住民に頼られ、スーサイド・スクワッドの面々とも遭遇し、カタナの戦いはいつしか義勇軍の様相を呈してくる。
スーサイド・スクワッドはカタナの味方なのか? カルト教団コブラの真の目的は? 彼らが隠している秘密とはいったい――?
すべてを明らかにするため、暗殺者・カタナが妖刀を振るう!

ハーレイやエンチャントレスといった女性ヴィランとカタナの会話も、女性同士ならではのレア感があって微笑ましく読めます。

スーサイド・スクワッド:カタナ』より


カタナの愛刀・ソウルテーカーの不思議な力や、カタナにとっても重要な存在となるヘイローの登場など、今後にかかわるエピソードもしっかり描かれているため、読み切りとはいえ読み応えも抜群です。

ちなみに。

スーサイド・スクワッド:カタナ』より

かーわいい!
カタナにゴロっている「バカ猫」ちゃん、いったいどんな活躍をしてくれるのでしょうか!
ねこ好きも必読です。


同時発売となったもう一作、気になるアヒルについての記事はこちらへ。

ハワード・ザ・ダック:アヒルの探偵物語
チップ・ズダースキー[作]
ジョー・キノーネス[画]
定価:本体1,800円+税
◆好評発売中◆


さらに新感覚の学園モノ第2巻『ゴッサム・アカデミー:カラミティ』については、このブログで改めてお知らせしますのでお楽しみに!

ではまた!

(文責・鈴木絢子)



▼おもしろい記事がありましたら、ぜひ皆様のSNS等でご紹介してください。ただし、画像の無断転載はご遠慮ください。

▼ご意見・ご感想・ご指摘・邦訳希望・翻訳者希望・持ち込み企画などは、本ブログの下段にある「メッセージを送る」を押していただき、指定の送信フォームからお送りください(携帯からはウェブバージョンにてご対応ください)。